【漢検準1級への道】#4 勉強の計画を立てよう

この企画は、私、郁永が漢検準1級の合格を目指す「お勉強企画」です。
多少前後するかもしれませんが、基本的に毎週日曜12:00更新を予定しています。

どうも、郁永です。

今回の「漢検準1級への道」では、受検に向けた勉強の計画を立てていきたいと思います。

分野ごとに優先順位を決めよう

今回勉強するにあたって、検定で出題される分野ごとに優先順位を決めました。

私が思う、優先順位の高い分野は以下の3つです。

  • 配点の高い分野
  • 覚える必要がある分野
  • 点を稼ぎやすい(対策しやすい)分野

それぞれ順番に見ていきましょう!

配点が高い分野

漢検に限らず、多くの検定試験は合格点に達しなければ合格できないので、まず配点の高いところから手を付けていきます。

漢検準1級の配点の高い分野トップ3は「書き取り(40点)」「四字熟語(30点)」「読み(30点)」です。

配点的に言えば、この3つの大問だけで全体の半分を占めています

こちらはほぼ必須で勉強しなくてはいけません。

覚える必要がある分野

漢検は、読み・書きの問題は特に勉強していない状態でもある程度解けますが、「四字熟語」「故事・諺」は勉強していないと解けない分野です。

私は、知識は頭に叩き込むものではなく身体に刷り込むものだと思っています。

漢字を「思い出す」のでは本番で度忘れして書けない可能性があるので、手が覚えてるくらいにはしておいたいものです。

合格者の中には「●●時間で覚えた!」と勉強時間の短さを自慢したがる人もいますが、私はじっくりと覚えて身体に刷り込んでいきます。

そのために、比較的早い段階で着手したいですね!

点を稼ぎやすい(対策しやすい)分野

配点の高い低いに関係なく、対策すればシッカリ点を稼げるところも要チェックです。

「表外読み」「類義語・対義語」の分野は出題範囲が比較的狭いので、狙い目です。

私は高校時代に受けた簿記の検定で、覚えてさえいれば満点を取れるようなサービス問題を「配点が低い」のを理由に軽視したために、わずか2点足りずに不合格だったことがありました。

そんな悔しい思いをしないためにも、点を稼ぎやすい分野は取りこぼし無く正解できるようにしておきたいです。

優先度の低い分野

優先度の低い分野は、これまでのの逆です。

  • 配点の低い分野
  • 点を稼ぎにくい(対策しにくい)分野
  • 他の分野の勉強で補完できる分野

例えば、誤字訂正の問題は暗記で何とかなるものではありません。(試験に出やすい誤記のパターンはあるでしょうけど……)

誤字訂正問題を時間を掛けて対策するより、正しい漢字をできるだけたくさん覚えることが攻略の近道でしょう。

文章題も、問われていることは読み問題・書き取り問題とほとんど同じ(ただそれが長文中にあるだけ)です。

どの作者のどの作品から出るか皆目見当もつかないので、出題されそうな作品を片っ端から読み漁るなどの対策はあまりにも非効率です。

あくまで優先度が低いだけで「この分野は全然勉強しない」というわけではないですが、これらは先に読み・書きができるようになってから手を付けたいと思います。

勉強スケジュールを立ててみた

さらに、受検日に向けた大体のスケジュールも立ててみました。

受験日の6月16日から逆算して、習得期間と実戦期間に分けてみました。

習得期間:頻出度別問題集で漢字の習得を行う(2~4月頃)

今回は2級に合格して間もなく買った『漢字検定準1級[頻出度順]問題集』(高橋書店)を使っていこうと思います。

ちなみにこの本を購入後に常用漢字が改定されていて、これまで準1級レベルだった漢字のいくつかが2級レベルに格下げされていますが、準1級の出題範囲自体は変わっていない&ほぼ新品の状態だったので、最新版を書い直す必要はないと判断しました。

常用漢字として新たに追加された漢字は、稽古の稽、椅子の椅、名誉毀損の毀、愛媛県の媛などの196字です。

1ページ目から順番に解くのではなく、読み・書き・四字熟語・故事・諺などから優先的に手を付けていきます。

間違えた問題や正解したけど不安な問題は何度も書いて練習+意味も調べておき、数日後にもう一回ちゃんと覚えているかチェックしていきます。

問題集のボリューム的に、4月くらいには終わる予定です。

実戦期間:本試験型の問題集や過去問で仕上げを行う(5月~6月頃)

頻出度別問題集が終わったら、次は本試験型の模擬問題集で仕上げを行います。

基本的に本試験型の問題集は実際の検定試験と同等~それ以上のレベルなんですが、今回私はその中でも特に難しいと評判の『本試験型 漢字検定準1級試験問題集』(成美堂)を購入予定です。

実際の試験の感覚(時間配分など)に慣れて、本番に望みます!


今回もここまで読んでくださり、ありがとうございました。

これまでの過去問を解き→振り返り→計画を立てるという工程は、実際は1~2日ほどでしたが、記事のボリュームが大きすぎたために3回に分けることにしました。

やっと時系列が追いついたので、次回からは勉強していて気付いたことや、工夫していることをつらつら書いていこうと思います。

それではまた!

受検日まであと112日――

コメント