8月31日の翌日が9月1日っておかしくない?!「今日は8月何日?」を作ってみた

この記事は【怪文書 Advent Calendar 2018】17日目の参加記事です。

どうも、郁永です。

今回は「怪文書アドベントカレンダー」参加記事ということで、私が8月33日(9月2日)にイクナガ ツールズで公開したジョークツール「今日は8月何日?」についてお話します。

今日は8月何日?
今日が「8月何日」か分かるジョークツールです。ホーム画面に追加することで、カレンダーアプリのように日付が表示されます。

このツールは、「8月31日が終わってしまったけど、まだまだ8月気分を味わいたい!」という学生さんに応えるべく作りました。

8月31日の翌日も、8月32日、8月33日、8月34日、と翌年の7月31日までカウントを続ける設計になっています。

サーバの日時を取得し、8月1日(1月~7月は前年の8月1日)からの差を求め、画像として出力しています。使用言語はPHPで、画像の出力にはImagickを使いました。

8月36日くらいで数えるのが面倒になってしまった学生諸君も、このツールがあれば今日が8月何日かすぐに分かります。

また、ホーム画面に追加することで、カレンダーアプリのように今日の日付が表示されます。

※iOS版のみ。使用上、日付の更新はアイコンをタップしてページを開く必要があります。

8月100日(11月8日)にスキンを選べるようになりました。今後スキンは追加されていく予定です。

なぜ作ったのか?

なぜこのツールを作ったのか……。

理由は色々あるのですが、特に大きかったのは「暦という概念に一石を投じたかったから」です。

みなさんは今年「平成最後の」というフレーズを何回耳にしたでしょうか?

「平成最後の甲子園」

「平成最後のハロウィン」

「平成最後のクリスマス」

「平成最後の年越し」

うるさい、うるさい、うるさい!!

お前の命を今ここで終わらせてやろうか!!

失礼。話を戻しましょう。

平成最後だろうとなかろうと、かけがえのない一日一日が過ぎていくことに変わりはありません

そう考えてくると、暦というシステムってあまりにも形骸化していると思いませんか?

今日が12月17日であれ8月139日であれ、太陽は昇り、そして沈んでいきます。

沈んだあと太陽が二度と昇ってこない!ということもないでしょう。

ではなぜ、8月31日の次の日が9月1日なんでしょう?

せっかく31まで積み上げてきたものを崩して、1からやり直す必要性がどこにあるのでしょう?

これからは他の月のことなんて忘れて、32、33と積み上げてみませんか。

終わってほしくない夏休みを、続けてみましょう。

大丈夫です。ちょっと寒いけど、今日は8月です。8月139日です。

明日も8月ですよ。8月140日です。

明後日も、明々後日も、ずっと。

ずっと、ずっと、8月ですよ。

コメント