新元号発表直前! 新元号を(わりとガチで)予想してみた!

どうも、郁永です。

いよいよ今日の午前11時30分に新しい元号が発表される予定です!

どんな元号になるのか、予想している方もたくさんいらっしゃいますね。

ということで、私も予想してみました!

まずは新元号のイニシャルを予想!

まずは26分の1の確率で当たる元号のイニシャルから予想してみました。

26通りと言いつつもある程度消去法で選択肢を減らすことが出来ます。

例えば、

  • 既に現役で使われている明治・大正・昭和・平成のイニシャル M・T・S・H
  • 手書きでは数字と極めて誤認しやすい I・O・Z
  • 日本語のローマ字表記として使われない C・F・L・Q・V・X

などは候補から外して良いでしょう。

CとFは迷いましたが、「ちゃ・ちゅ・ちょ」や「ふ」はヘボン式と訓令式で使うアルファベットが異なり、混乱を招くと考えて除外しました。

さて、これだけで半分の13個まで減らせました。まだまだ多いですね。

ここからは独断と偏見で候補から除外していきます。

  • 「明治」以降使われていない濁点のB・D・G・J+半濁点のP
  • 最初に母音が付くと外国人が発音しづらい A・U・E
  • 漢検の解答用紙は元号のイニシャルに「W」と書くと西暦になる(例:H31=2019年、W19=2019年)ので、W
  • Nullという意味でシステムの予約語として使われていそうな N

残ったのは「K」「R」「Y」の3つでした。

ら行・や行で始まる漢字は少ないので、イニシャルは「K」の可能性が高いのではないか…? と予想します。

新元号の漢字二字を予想する!

続いて、元号を予想してみましょう。

と、その前に元号の制定のルールをここで確認してみます。

元号の制定ルール

1979年(昭和54年)10月の閣議報告から、6つのルールを引用します。

  1. 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
  2. 漢字2字であること。
  3. 書きやすいこと。
  4. 読みやすいこと。
  5. これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと(過去の元号の再使用は不可)。
  6. 俗用されているものでないこと(人名・地名・商品名・企業名等は不可)。

Wikipediaより引用

今回、政府関係者は、民間の「予想ランキング」で上位に来ているものは6番目の「俗用にあたる」として「なるべく避ける」と語っているそうです。(発言した政府関係者の身元が明らかにされていないので何とも言えませんが……)

新元号、予想ランク上位は回避方針 1日昼前めど発表へ:朝日新聞デジタル
 平成に代わる新しい元号について、政府は民間の元号予想ランキングで上位となっている案をなるべく避ける方針だ。4月1日の有識者による「元号に関する懇談会」などに提示するのは5案以上とする。新元号は同日正…

このニュース記事では、上記6つの条件の他に

  • 常用漢字を使う
  • 1文字の画数は多くても12~15画
  • 頭文字は「M・T・S・H」以外
  • 人名に多い2文字は避ける
  • 大企業と同じ名称も使わない

という条件が追加されています。

次に、これまでの元号を振り返っていきましょう。

これまでの元号の傾向

現在、日本では一世一元の制(元号を天皇の在位中に変えない制度)が敷かれていますが、それまでは天災や飢饉などの理由で幾度となく改元されてきました。

平成までの元号の数は247あり、字数にすると504文字になります。(注:4文字の元号が5つあるため、単純な2倍ではありません)

この504文字の漢字を調べてみたところ、なんと、以下の72個の漢字しか使われていませんでした。

これには驚きです。この72個の漢字を組み合わせて247個の元号が生み出されてきたわけですね

漢字の下の数字は元号として使われた回数を表しています。

一番多いのが「永」の29回。次が「元」「天」の27回です。

また、「明治」「大正」「昭和」「平成」を見ると、これまでによく使われた1文字+まったく(ほとんど)使われたことのない1文字の組み合わせになっていることが分かります。

新元号も同じようになるのでは?と予想しています。

郁永が予想する新元号は――

「明治」「大正」「昭和」「平成」で使われた8つの漢字は、すべて「小学校で習う漢字」かつ「画数の少ない漢字」で「漢字単体でポジティブな意味を持つ(明るい、修まる、大きい、正しい、昭(あき)らか、和やか、平らか、成す)」という共通点があります。

これらの条件を満たす漢字を、独断と偏見で選びました。以下のとおり。

【1回も使われていない漢字】
心 光 実 真 始 良 信 志 修 忠

また、過去に10回以上使われた漢字で、条件を満たすものはこちら。(明治大正昭和平成は除外)

【過去に10回以上使われた漢字】
永 元 天 文 長 安 延 保 承 仁 宝

ここから、私が導き出した新元号は、これです!

光承(こうしょう)です。「光を承(う)ける」という意味です。

平成の時代は、大きな戦乱もなく「平」和に「成」ったと思いますが、バブル崩壊とリーマンショックが起きて大不況に陥ったり、大震災が全国各地で起きたりと、かなり激動の31年間でした。地下鉄サリン事件など、嫌な事件もたくさんありました。

平和にはなりましたが、まだまだ我々には希望(光)が足りないと考えて、この二文字を選んでみました。

本当の元号の発表は11時30分に発表されます。楽しみですね!

それではまた。


2019.04.02 00:29 追記

新元号は「令和(れいわ)」になりました。

これまでの元号は『易経』などの中国古典が典拠となって元号が決められていたのですが、今回は初めて国書『万葉集』の一文から決められたそうです。

「令」は元号として初めて使われる漢字でした。「和」は明治・大正・昭和・平成の字は使われないと踏んでいたので、再び使われるのは意外でしたね~。

まあ、漢字二文字というところは当たっていたので、実質正解ということで!

それでは。

コメント